慰謝料請求までの流れ

最初に事故にあってから、示談までの流れを説明します。交通事故で怪我をした場合、治療をし始めます。中には入院する人もいれば、数か月通院する人もいるかもしれません。症状によっては症状固定まで通う人も。それ以上よくならないとわかった場合、生命保険はストップします。ここから慰謝料、損害賠償請求、または示談交渉に入ります。

事故に遭った際、必ず、症状固定まで通院することです。症状固定という事は、これ以上通院治療してもよくならないというところまで来てしまった、という事になります。そうすることで、痛みや不自由な所が、事故によってこれからも続いてしまうという事になります。
その痛みや不自由さを賠償してもらう事が、慰謝料、損害賠償になるので、ここで症状固定まで通う事は必須です。主治医の先生と、どこまでで症状固定なのかよく相談する必要があります。

その治療診断書を申請することで、損害賠償等の請求をすることになります。
示談交渉を開始します。交通事故によって、支出した費用や、生活の変化、入通院慰謝料、収入に影響した事、後遺症が残った人はその慰謝料、苦痛の慰謝料、事故による労働能力低下のための将来的な逸失利益など、色々な慰謝料があるのですが、その受けた被害をすべてもって、慰謝料の交渉に入るのです。
その後、双方の話し合いで、加害者側が支払った額を引いた慰謝料が決定して、被害者が受け取る事ができます。


Comments are closed.