交通事故の慰謝料

交通事故が発生した場合、加害者は被害者に対して、与えてしまった損害をお金で支払う事での賠償責任が生まれます。お金を支払う事で、その損害を埋める事はできませんが、その損害の分だけ慰謝料として請求することができるのです。

もし亡くなってしまった場合には、金銭で償う事などはできないと思いますが、せめて何かで埋めてもらう、何かで賠償してもらう気持ちがないと、それこそやってられません。どんな形であれば、交通事故というものに被害というものがあれば、そこには賠償金や慰謝料などのお金での支払いが義務になります。支払う事での罪滅ぼしというのは違うかもしれませんが、イメージ的には近いです。どちらにしても加害者には何かをしてもらわないといけなくなります。

もし交通事故の被害者になった場合、こういうシステムをあまりわかってなく、または情に流されていいですなんていって、賠償金や慰謝料をもらう事なく過ごすという事は、もし事故の後遺症などで生活に不自由を感じていた場合に、それは悲しく時に後悔してしまいます。

できれば、生活が元に戻る事はないけれど、もとに戻るように自分でアシストし、示談金や慰謝料請求などをすることで、少しでも自分の生活を戻していくようにしていくことで、前向きな生活になっていくのではないでしょうか。ショックが大きく、事故も思い出したくない人もいますが、これからの事を考えて、きちんと事故からの流れを掴んで、前を向いていけるように説明していきます。


Comments are closed.