慰謝料増額できる

慰謝料は、自分の納得のいく金額でない場合もあります。
本来であれば50万円くらいの慰謝料がもらえると聞いていたのに、実際にもらった慰謝料は10万円だった、という場合。この5分の1はなんの違いがあるのかわからないです。しかしこの10万をもらえるだけでいいと思うのか、それとも50万円もらえるのであれば、そこはきちんと支払ってもらえるようになりたいという人もいます。

できれば交通事故に遭ったショックを取り戻すためにも、お金で解決するわけではありませんが、もらえるものであれば、それによって解決する感情もあるかもしれません。そこで慰謝料を増やしてもらえるように交渉するというやり方もあります。

事故に遭った時に、保険会社はその怪我の具合によって保険料を決めます。それが40万だったとして、仮に弁護士に相談した場合、実は70万もらえるほどの額だったという事が分かったりします。
無料弁護士相談に行くとわかりますが、診断書を弁護士に見せ、事故の状態を話す事、または警察の捜査報告を見る限り、実はもらっている額よりも多い額を補償されるべきだとわかる事もあるのです。

診断書などの資料をもって、加害者に交渉することで慰謝料を増やす事もできます。また弁護士や司法書士にお願いして、交渉をお願いして増やす事もできます。中には裁判になる場合もあるようですが、弁護士費用を加算しても、慰謝料を多くもらえる場合も少なくありません。

参考リンク<交通事故の慰謝料・弁護士への無料相談|弁護士法人アディーレ法律事務所


慰謝料請求までの流れ

最初に事故にあってから、示談までの流れを説明します。交通事故で怪我をした場合、治療をし始めます。中には入院する人もいれば、数か月通院する人もいるかもしれません。症状によっては症状固定まで通う人も。それ以上よくならないとわかった場合、生命保険はストップします。ここから慰謝料、損害賠償請求、または示談交渉に入ります。

事故に遭った際、必ず、症状固定まで通院することです。症状固定という事は、これ以上通院治療してもよくならないというところまで来てしまった、という事になります。そうすることで、痛みや不自由な所が、事故によってこれからも続いてしまうという事になります。
その痛みや不自由さを賠償してもらう事が、慰謝料、損害賠償になるので、ここで症状固定まで通う事は必須です。主治医の先生と、どこまでで症状固定なのかよく相談する必要があります。

その治療診断書を申請することで、損害賠償等の請求をすることになります。
示談交渉を開始します。交通事故によって、支出した費用や、生活の変化、入通院慰謝料、収入に影響した事、後遺症が残った人はその慰謝料、苦痛の慰謝料、事故による労働能力低下のための将来的な逸失利益など、色々な慰謝料があるのですが、その受けた被害をすべてもって、慰謝料の交渉に入るのです。
その後、双方の話し合いで、加害者側が支払った額を引いた慰謝料が決定して、被害者が受け取る事ができます。


交通事故の慰謝料

交通事故が発生した場合、加害者は被害者に対して、与えてしまった損害をお金で支払う事での賠償責任が生まれます。お金を支払う事で、その損害を埋める事はできませんが、その損害の分だけ慰謝料として請求することができるのです。

もし亡くなってしまった場合には、金銭で償う事などはできないと思いますが、せめて何かで埋めてもらう、何かで賠償してもらう気持ちがないと、それこそやってられません。どんな形であれば、交通事故というものに被害というものがあれば、そこには賠償金や慰謝料などのお金での支払いが義務になります。支払う事での罪滅ぼしというのは違うかもしれませんが、イメージ的には近いです。どちらにしても加害者には何かをしてもらわないといけなくなります。

もし交通事故の被害者になった場合、こういうシステムをあまりわかってなく、または情に流されていいですなんていって、賠償金や慰謝料をもらう事なく過ごすという事は、もし事故の後遺症などで生活に不自由を感じていた場合に、それは悲しく時に後悔してしまいます。

できれば、生活が元に戻る事はないけれど、もとに戻るように自分でアシストし、示談金や慰謝料請求などをすることで、少しでも自分の生活を戻していくようにしていくことで、前向きな生活になっていくのではないでしょうか。ショックが大きく、事故も思い出したくない人もいますが、これからの事を考えて、きちんと事故からの流れを掴んで、前を向いていけるように説明していきます。